「水・白湯(さゆ)を飲む」アーユルヴェーダのディナチャリアを実践!

アーユヴェーダで勧めるディナチャリアのひとつに「白湯を飲む」習慣があります。ディナチャリアとはアーユルヴェーダにおける「1日の理想的なすごし方」に関する「教え」のこと。白湯を飲む習慣をつけることで、便秘や肩こり改善など、さまざまな効果を期待できます。コラムを参考に、正しい方法であなたの日常生活に取り入れていきましょう。

白湯とは

白湯とは、温めた水のことです。水は私たちの体に最も多く含まれる物質で、その割合は体全体の60~70%を占めています。海は地球の70%占め、水はとても重要な資源ひとつです。

アーユルヴェーダと白湯

水を摂取するにあたって、アーユルヴェーダでは、温めた水、すなわち、白湯(さゆ)を飲むと良いと言っています。冷たい水ではなく、温めた水を飲むことで、物質の溶解、運搬、体温調整などの水の働きを高められるためです。

また、多くの方が取り入れはじめている「白湯ダイエット」は、アーユルヴェーダの教えが由来。
アーユルヴェーダでは、体の生命エネルギー(ドーシャ)のバランスが崩れて、消化力・代謝力(アグニ)が低下し、体の中に未消化物(アーマ)ができることが病気の原因であると言っています。

そのため、アーユルヴェーダの健康法では、消化力・代謝力が最も重要な概念。白湯はこの消化力を高めてくれる働きがあり、健康人にとっても病人にとっても良い効果を発揮してくれるでしょう。

白湯の効果

白湯の効果はさまざま。一緒にひとつずつ確認していきましょう。

白湯で消化力・代謝力の改善

白湯を飲むと、消化力と代謝力が活性化し、消化管が浄化され、味覚も整います。

アーユルヴェーダの古典の中に「汚れた布に色を染めつけようとしても美しく染めることができない」という言葉があります。健康のためには、白湯によって体内が綺麗になることで、よい栄養がきちんと吸収されるようにすることが大切です。

また、舌もきれいになるので、食物のもつ本来の味をしっかりと感じることができるようになります。「白湯を飲み始めてから味の濃いものを食べたくなくなった」「お菓子などの甘いものが甘すぎて受けつけなくなった」「ごはんがおいしく感じられるようになった」という具体的な効果はこのためです。

白湯ダイエット

白湯はダイエットにも最適です。ダイエットしたい方は、消化力・代謝力を回復させることが大切なので、白湯を毎日飲むといいでしょう。アーユルヴェーダでは、それぞれの体質に応じてダイエット方法が異なりますが、白湯はほとんどの方におすすめ。消化力・代謝力が落ち着いてくると、その人に適した食事の量を欲するようになってきます。我慢しなくても体が必要としていない時は自然と食べなくなることで、健康的なダイエットに役立つでしょう。

白湯で冷え性改善

白湯で冷え性を改善することができます。生活環境の変化から冷え性を訴える人が増えてきました。原因の1つは、冷たい物の取り過ぎで胃腸を冷やしてしまうこと。そしてもう1つはストレスからくる自律神経の乱れからくるものです。白湯で胃を温めることで、体全体を循環する体液の温度もあがり、冷え性を改善することにつながります。

肩こりや腰痛など痛みの改善になる

白湯を飲むことで、肩こりや腰痛などの悩みを解決することができるでしょう。これらの痛みの原因は、体の冷えによって血行が悪くなることが原因。白湯を飲むことで体を温め、血行がよくなり、肩こりや腰痛などの改善にもつながるとされています。

体を温めてストレスの緩和

ストレスなどでイライラしている気持ちは白湯によって鎮静されます。白湯を毎日飲む習慣をつけてアーユルヴェーダ的な健康生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

白湯で体の中からきれいになり美肌を手に入れる

消化力・代謝力の改善すると、体内の未消化物(毒素)がなくなり、血液も綺麗になります。その結果、肌も美しくなると考えられるでしょう。
未消化物(アーマ)についてはこちら

白湯で便秘改善や風邪を予防

白湯を飲むことで、便秘改善や風邪を予防することが可能です。他にも、シャックリ、腹部膨満、急性の発熱、重度の消化不良、鼻炎、呼吸困難、悸肋部痛などにも効果を期待できます。

白湯の作り方

白湯の作り方は、やかんに水を入れ、強火で沸騰させます。やかんの蓋を取り、そのまま10~15分間沸かし続けてください。火をとめて冷まし、少しづつ時間をかけて、すするように飲んでいきます。

電子レンジは使わない

電子レンジを使うと、水(物質)が持っている本来のエネルギーを損ねてしまうので、白湯を作る場合は、やかんを使うのがベスト。これは、水だけでなく他の食べ物でも同じです。本来のエネルギーを最大限に活かせる調理方法を選択していきましょう。

白湯の飲み方

ここでは、効果的な白湯の飲み方をご紹介していきます。

1日1リットル

白湯を飲む量の目安は、1日1リットルです。水には口から飲む「飲料水」、食べ物に含まれる「摂取される水」、体内で栄養素がエネルギーになる時にできる「代謝水」があります。その合計は一日約2,400ml。内訳は飲料水から約1,000ml、食事から摂取する水は約1,100ml、代謝水は約300mlです。その飲料水約1,000mlをなるべく冷たい飲料をさけて、白湯にしていくといいでしょう。

食事前と食事中に飲む

白湯を飲むタイミングは、食事の始めと食事中です。食前に飲むことで、消化力をやや抑えて空腹をしずめ、体を細めることにつながります。さらに、少し食物を摂取してから、水を飲むのが良いでしょう。食事が終わってからの飲水は肥満を促すことになるので注意が必要です。

沸騰時間と体質の関係を知る

沸騰時間の長さは、ヴァータ・ピッタ・カパの性質に関係しているようです。

沸騰水が4分の3になった温水はピッタ体質に、2分の1になった沸騰水はヴァータ体質に、4分の1になった沸騰水はカパ体質に適していると言われています。
体質についてはこちら

朝起きたら常温の水を飲む

歯を磨いたら、常温の水を約コップ1杯分飲みましょう。起床後すぐは、熱い液体は消化管には刺激が強すぎるので常温がおすすめ。前日の夜に沸かしておいた水を汲んでコップに入れ、月光のもとに一晩置いておいた常温の水が理想です。月のエネルギーを吸収した水は、浄化力がアップし、朝一番に最適!さらに、飲む量は、8アンジャリがいいと言われています。1アンジャリとは、両手で水を掬うような形(両手をくっつけて、指を曲げて作った空間)で1杯満たした量の水をいいます。

参考文献

日本アーユルヴェーダ学会訳,チャラカ全集総論篇, せせらぎ出版, 2011年.
イナムラ・ヒロエ・シャルマ訳, アシュターンガ・フリダヤム総論編, 2018年.

関連記事

ページ上部へ戻る