アーユルヴェーダとヨーガの関係

新型コロナウイルス感染症対策として、今多くの人が強いられているのが「外出自粛」です。一日中家にいると運動不足にもなりますし、気分がうつっぽくなりがちです。こんな時だからこそ、家の中でもできる、「ヨーガ」にチャレンジしてみてはいかがでしょう。オンラインで簡単にレッスンが受けられ、スタジオまで行く必要がないので、とても気軽にできますよ。

アーユルヴェーダの健康法「ディナチャリア(一日の理想的な過ごし方)」でも、「ヨーガ」の大切さを教えています。

そもそもヨーガとは?

日本でもすっかり一般的になったヨーガ、スポーツクラブやスタジオで、呼吸を合わせながら、体をしっかりストレッチする。それがとても心地よく、健康のために、老若男女に広まっています。

そもそもヨーガには、しっかりとした哲学のベースがあります。そのヨーガ哲学は、アーユルヴェーダの一部であることから、ヨーガとアーユルヴェーダは密接に関係しあいながら、5000年の歴史の中で受け継がれてきました。

ヨーガは、そもそもは解脱、それは生きている者が束縛と迷い、様々な苦しみから抜け出し悟りへの道を実現するためのステップの一つで、身体を使った実践体系を指します。 広い意味では、心身制御のテクニック、あるいは修行法です。アーサナ(姿勢)やプラーナヤーマ(呼吸法)を重視する健康ヨーガ的なものや瞑想による精神統一を重視するものなど様々な流派からなっています。

ヨーガの歴史

まず、2世紀から4世紀ごろ、サンキヤ学派の形而上学を理論的な基礎として、その実践方法がパタンジャリによって『ヨーガ・スートラ』としてまとめられ、解脱への実践方法として体系づけられました。内容としては主に観想法によるヨーガ、つまり静的なヨーガであり、「ラージャヨーガ(=王様のヨーガ)」と呼ばれています。

「ラージャヨーガ」は、アシュタンガ・ヨーガと言われる8つの段階を経て解脱をめざします。 ヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)、アーサナ(座法)、プラーナヤーマ(呼吸法)、プラティアハーラ(一心集中)、ダラナ(凝念)、ディヤーナ(静慮)、サマーディ(三昧)の8段階です。

12世紀から13世紀には、動的なヨーガも出現しました。これが現在世界中で普及しているハタ・ヨーガです。 内容としては難しい坐法(アーサナ)や呼吸法(プラーナヤーマ)を重視します。

ヨーガの意味

ヨーガとはサンスクリット語で「結合」「統一」を意味する言葉です。 心身の調和を目指すアーユルヴェーダでは、心身制御のテクニックとして欠かせないものです。

現在ヨーガは、体を動かす健康法やダイエット、ストレス解消などの目的で行われていますが、心身を制御するテクニックだからこそ、ダイエットやストレス解消にも効果があるのです。 日々の生活を重視するアーユルヴェーダでは、日常的にヨーガを行うことで、心身のバランスを一層高めます。

関連記事


ページ上部へ戻る