運動を習慣づける

運動

新型コロナウイルス感染症対策~アーユルヴェーダでできること。
今日は、アーユルヴェーダのディナチャリアの一つ「運動」についてお話します。

運動不足とからだの衰え

私たちは、昔にくらべると家庭も職場も自動化が進み、絶対的に運動量が減少しています。運動量が減るということは、エネルギー消費量が減りますので、酸素必要量も減少することになります。酸素必要量が減るとそれにあわせて、循環血液量が減ることになり、全身の筋肉、それは、運動するための筋肉だけでなく、臓器に供給される血液量も減ることになります。このように、運動量が減ると身体全体の代謝量が減少し、身体の弱体化と老化が進んでいきます。この結果、体力、免疫力、体温調整力、環境適応力が低下して、健康を保つことがむずかしくなっていきます。

運動は、身体だけでなく、心の軽快さ、仕事などの活動にのぞむ力、忍耐力、堅固さなど、心や精神の健康にも効果があります。ダイエットや楽しみのために運動を続ける人が多いと思いますが、そもそも、運動は、私たちの身体と精神の健康を維持するのに、とても大切だということです。

アーユルヴェーダですすめる運動

1日のうちに適度な運動をする時間をつくりましょう。運動とは、無理して汗を流したり、筋肉を鍛えたりすることではありません。適度な運動量は、口で呼吸しはじめた、口が渇いてきた、発汗しはじめたところでやめるのが目安です。汗がひどく流れたり、息が切れたり、心臓の鼓動が激しくなったり、膝がぐらついてきたりしたら行き過ぎです。そこまで頑張らないようにしましょう。できれば早朝の空腹時が望ましいのですが、都合がつく時間帯でかまいません。継続することが大切です。前夜の食事で得た栄養は、睡眠中には十分に活用されていません。運動することで無駄なく栄養を消化できます。

 

ウォーキングはどの体質の人にもむく

ヴァータ、ピッタ、カパのどの体質の人にも、ウォーキングは向いています。ヴァータ体質の人であれば、歩くことで心が静まるのを感じます。ピッタ体質の人は、ゆったりしたペースを取り戻せます。カパ体質の人は、歩くことが刺激となってからだが軽快になります。

勝ち負けを競う運動に夢中になると、無理していることを忘れがちとなります。負けない力があることを示そうとして頑張ったりすることは、からだを不必要に痛めつけていることになるのです。

あなたの体質はこちらから

各体質に適した運動の量と種類

すべての運動はヴァータを増大します。それが適度であれば心身に自然でバランスのとれた効果が得られます。しかし、ヴァータを刺激し過ぎると、からだは不安定な状態となります。ヴァータ体質の人はとくに頑張り過ぎないようにする必要があります。

運動量を少なめに抑えれば、からだのバランスを損なうことはありません。適度な運動量は、運動を効率的にし、運動後のからだの修復がずっとラクになります。ヴァータ体質は運動量を少なめ、ピッタ体質は中くらい、カパ体質はやや多めにするとよいでしょう。

バランスのとれた運動は、体質別につぎのような効果があります。
・ヴァータ体質への効果:柔軟性、協調性、つり合い、機敏さをもたらす
・ピッタ体質への効果:血液を循環させ、からだを温め、心臓機能を増大させる
・カパ体質への効果:力やエネルギーを安定させる

各体質に適した運動として、つぎのようなものがあげられます。
・ヴァータ体質:ヨーガ、ウォーキング、サイクリング、ハイキング、ダンス、太極拳など。
・ピッタ体質:ヨーガ、ウォーキング、ジョギング、スキー、水泳、ハイキングなど。
・カパ体質:ヨーガ、ランニング、エアロビクス、テニス、サッカーなど。

参考文献

健康づくりのための身体活動基準2013 厚生労働省(PDF)

関連記事


ページ上部へ戻る