アーユルヴェーダの食事法 ②6つの性質(グナ)

野菜

食事には「6つの味」と「6つの性質」があり、私たちの心と身体に様々な作用をもたらしています。
今日は6つの性質(グナ)についてそれぞれの特徴と身体に及ぼす作用について見てみましょう。
※6つの味の作用についてはコチラ

6つの性質(グナ)の分類

①重性:
チーズ、ヨーグルト、小麦など
ワータとピッタのバランスを整え、カパを乱す。よってカパ体質の人は摂取を控え、ワータやピッタ体質の人は
積極的に摂りいれると良い。

②軽性:
大麦、ホウレンソウ、コーン、りんご
カパのバランスを整え、ワータとピッタを乱す。

③油性
乳製品、油
ワータとピッタのバランスを整え、カパを乱す。

④乾性
大麦、コーン、じゃがいも、豆類
カパのバランスを整え、ワータとピッタを乱す。

⑤熱性
温度の高い飲食物、スパイス
ワータとカパのバランスを整え、ピッタを乱す。

⑥冷性
冷たい飲食物、緑黄野菜、きゅうり
ピッタのバランスを整え、ワータとカパを乱す。

私たちの身体は食事をすることで、食物の性質の影響を受けます。
例えば、重く冷えやすいカパ体質の人が、アイスクリームのような重性と冷性の食品を摂ると、
さらにカパの性質を増やしてしまい、カパを悪化させます。
逆に、温かくて軽いもの、例えば緑の野菜を煮込んだスープなどは、カパを鎮静してバランスを整えてくれます。

このようにカパの性質(重い、冷たい、油性、など)の人が、カパの性質をもった食物を摂るとカパが増えて悪化します。逆に、カパと正反対の性質(軽い、温かい、乾性)をもった食物を摂ると、カパが減ってバランスが良くなる、というわけです。

同じことがワータ、ピッタにも言えます。
 

体質と食物(味と性質)

食事
6つの味、6つの性質を体質別にまとめるとこのようになります。

◎ワータ体質の人
重性、油性、熱性で潤滑性のある食物をとり、量も多めで
カロリーも十分にとるべき、とされています。
食品は、甘味、酸味、塩味のものを優先します。

◎ピッタ体質の人
重性、冷性、油性の食物で比較的カロリーも十分に摂ると良いとされています。
シソやパクチーなど芳香性のある食物も良いとされています。
甘味、苦味、渋味のものを優先的に摂ります。

◎カパ体質の人
軽性、乾性、冷性、さらに粗大性(麩菓子のように中がスカスカのもの)の食物が良いとされます。
カパは消化がゆっくりなので、消化の早いカロリー低めの食事が好ましいとされています。
辛味、苦味、渋味を優先的に摂るといいでしょう。

※ご自身の体質(ワータ・ピッタ・カパ)を知りたい方は、こちらでどうぞ!
「アーユルヴェーダ体質診断テスト」

 

食物と調理法 ~味と性質は調整できる~

焼く
6つの味と6つの性質は、調理法次第で調整することも可能です。いくつか例を挙げてみましょう。

・冷性の食物
本来、特にワータ体質の人は控えた方がよいが、温めたり、油で炒めたり油性のドレッシングをかけるとワータを乱しにくい。

・油っぽい食べ物
本来カパを増やし乱すのでカパ体質の人は控えた方がよいが、カレーをまぶせば緩和され、軽くなる。

・蒸す
ワータのバランスを整え、カパを乱す。

・焼く
ピッタを乱す

 

食べ物は、摂り方次第で薬にも毒にも

自分自身の体質を知り、体調の乱れをよく観察し、
さらに食物の6つの味、6つの性質を意識して食事をしてみましょう。
そうすることで食べ物は、私たちにとって薬のように働き
身体と心のバランスを整えてくれるのです。

本来わたしたちは、ドーシャのバランスが乱れた場合、その乱れたドーシャを
鎮静する味や性質の食物を体が欲するはずなのです。
どころがドーシャが乱れすぎて心身のバランスを崩すと、身体の声が分からなくなり、
さらにドーシャを乱す食べ物を食べたくなることもあるでしょう。

身体が欲するものと、食べたいものがいつもイコールとは限らないのです。

そういう意味でも、アーユルヴェーダの知恵を知っていれば安心です。
意識して日々の食事にとりいれ、自分で自分の体調を整えることができるのですから。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る