トリパラー タイラ

【ベースオイル】ごま油
【主な成分】ごま油、ミロバラン果実エキス(ハリータキー)、セイタカミロバラン果実エキス(ビビータキー)、アンマロク果実エキス(アマラキー)、ショウブ根茎エキス、ウコンエキス、メリアアザジラクタエキス、イボツヅラフジ茎、インドナガコショウ果実エキス、ショウガ根茎エキス
【使用方法】外用のみ、部分用・全身用マッサージオイルとしてご使用ください。
【期待できる効果】ピッタ・カパ鎮静
トリパラーオイル

トリパラーとは、サンスクリット語で、「3つの果物」という意味を持つ、アーユルヴェーダで最もよく使われる薬のひとつです。トリパラーは、この3つの果物、アマラキー(Emblica officinalis)、ビビータキー(Terminalia belerica)、ハリータキー(Terminalia chebula)を乾燥させ、パウダー状にしたものを混ぜて作ります。この果物は、どれも素晴らしく、ひとつでも大変効果的な果物ですが、アーユルヴェーダによると、この3つがひとつになることによって、その効果が何倍にもなると言われています。

トリパラーが素晴らしいのは、3つのドーシャすべてのバランスを整えてくれることです。アーユルヴェーダの考え方では、ドーシャのバランスが崩れることが、「病気」であり、それは、肉体だけでなく、精神や魂にも影響すると考えられています。

トリパラータイラは、そのトリパラーをふんだんに使って作ったオイルです。どのドーシャも整えてくれますので、どなたでもお使いいただけますが、特にピッタとカパにおすすめです。
デトックス効果があり、代謝を高めてくれます。アトピーなどの皮膚疾患や視力回復にも効果があります。
また、抗酸化作用がありますので、ラサーヤナ(アンチエイジング)効果も期待でき、シロダーラ用のオイルとしてもよく使われます。

※アーユルヴェーダオイルのご購入はこちら アロマティカショップ
情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る