部屋の換気

部屋の換気

アーユルヴェーダには「1日の理想的なすごし方」に関する「教え」があります。これを「ディナチャルヤ」と呼びます。ディナチャルヤは、不調をなくして健康を維持発展するために簡単にできる日常生活の方法です。ここではその教えのひとつ「部屋の換気」についてお話します。

部屋の換気で、気の流れを整える

アーユルヴェーダでは健康的に過ごす理想的な方法の一つとして
部屋の換気をすすめています。

家の中にきれいな空気が流れていないと、 気の流れもよくなりません。
換気は部屋中の気の流れを整えるだけでなく、 心身の気の流れも整えてくれます。
心と体が健康であるためのちょっとした行動の一つです。

特に、朝は窓を開けて部屋の換気をしましょう。できれば南北の窓を開けて、南と北の風通しをよくします。
朝の冷気を感じることが刺激となり、意識だけではなく体の器官も目を覚まします。すてきな一日のスタートとなるでしょう。
また、朝できなかったときも、帰宅時に少し行うだけでも空気が変わります。ぜひ試してみてください。
 

風通りの良い部屋づくり

部屋の換気
但し、部屋に家具や物がありすぎたりすると風が抜けていきません。
気の流れも悪くなってしまいます。
換気をしてみて、少し風の通りが悪いなと思ったら、お部屋に空間を作ってみてください。
いらない物を整理したり、物を動かしてみたりして風通りのよい部屋で過ごすことを習慣づけると良いでしょう。

お部屋の余裕は、心の余裕です。
みなさんの心が豊かでありますように。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る