アーユルヴェーダの食事法 ①6つの味(ラサ)

6つの味

アーユルヴェーダでは、1食に、6つの味(甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味)すべてを含むのが理想です。
6つの味を含むことで、食事の満足感が得られ食べ過ぎ防止にもつながり、適量とバランスが保たれます。
逆に味の偏りが激しい食事は、ドーシャバランスをくずし、消化がうまく行きません。

ここでは、6つの味(ラサ)に着目して深堀りしてみましょう。

6つの味(ラサ)とは?

6つの味とは甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味のことで、
その味自体がドーシャのバランスに影響します。

では6つの味は、それぞれそのような特徴があり、
どのようにドーシャ(体のエネルギー)に作用するのでしょうか。
 

6つの味とその作用

①甘味:
米、麦、牛乳、砂糖、大麦、ココナッツ、果実、じゃがいも など
全ての味の中で最も栄養になる、体の組織を作る、満足感を生む。身体を冷ます作用(冷性)。
ワータとピッタのバランスし、カパを悪化させる。
そのためワータ、ピッタ体質の人にはお勧めだが、カパの人は甘味の摂取を控えるとよい。

②酸味:
酢、梅干、チーズ、ヨーグルト、発酵食品、柑橘類 など
食欲増進、消化促進。身体を温める作用(熱性)。ワータをバランスし、ピッタとカパを悪化させる。
そのためワータ体質にはお勧めだが、ピッタとカパの人は摂りすぎ注意。

③塩味:
漬物、醤油、塩、昆布、塩漬けした魚、チーズ など
少しお腹を下す、消化促進。熱性。ワータをバランスし、ピッタとカパを悪化させる。

④辛味:
ショウガ、にんにく、コショウ、ワサビ、唐辛子、香辛料など
消化を刺激、滞りをなくす、分泌液を増やす。熱性。カパをバランスし、ピッタとワータを悪化させる。

⑤苦味:
緑黄色野菜、ニガウリ、ターメリック、シソやコリアンダーなど香味の葉物、など
解毒、消化を刺激、炎症を抑える。冷性。ピッタとカパをバランスし、ワータを悪化させる。

⑥渋味:
豆類、渋柿、緑茶、きな粉、蜂蜜など
組織を空にする。冷性。ピッタとカパをバランスし、ワータを悪化させる。

 

ドーシャの乱れと6つの味

甘いもの
以上のことから、
ワータ体質の人は、甘味・酸味・塩味をとるとバランスが整い、
ピッタ体質の人は、甘味、苦味・渋味を摂るとバランスが整い、
カパ体質の人は、 辛味・苦味・渋味を摂るとバランスが整う、
とされています。

自分自身の今の身体の状態(ワータ、ピッタ、カパの乱れ)がわかると、
6味の中でもどの味を多めに取ったらいいか、どの味を控えめにした方がいいかなど、
摂るべき味のバランスがわかるでしょう。

とはいえ本来私たちは、頭で考えなくても、
おのずと乱れたドーシャを整える味を欲するものなのです。

たとえば忙しく、あちこち移動しがちで疲れている時などは、
ワータが悪化しているので、酸っぱいものやしょっぱいものが
欲しくなったり、ストレスがたまって甘味を欲したりするものです。
このように、最近無性に食べたくなるものがあれば、その食べ物がどんな味で
どんな性質のものなのかをみることで、自分の身体の状態を知ることもできるでしょう。

普段から自分の体質や体調に興味をもって観察する癖をつけ、
身体が欲する味が自然とわかるようにしておくことも大切なことです。

6つの味の次は「6つの性質」についてお話します。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る