アーユルヴェーダオイル

オイル

アーユルヴェーダは、5,000年の歴史を持つインド・スリランカの医療体系で、治療のみならず予防医療としての役割も大きく、自然治癒力を高め、日々を生き生きと暮らす知恵の教えとして、世界中から注目を集めています。

アーユルヴェーダの治療の中心にはいつもオイルがあって、毎日アーユルヴェーダオイルを身体に擦り込むことで、もっと健康に過ごすことができると言われています。
 
伝統的なレシピに従って、様々なハーブを煮込んで作るアーユルヴェーダオイルは、何千年もの時を経て受け継がれた知恵の結晶で、ハーブの秘められた力がぎゅっとつまっています。ハーバルオイルは肌に塗ると、すぐに浸透し、60兆の細胞ひとつひとつにまでハーブの力が届きます。

アーユルヴェーダオイルは、次のように作られます。
ベースになるオイル、ハーブの煎じ液、カルカ(ハーブペーストあるいは、ハーブを砕いてパウダー状にしたもの)、その他(牛乳など、オイルによってレシピは)を用意します。そして、それらをすべて大鍋に入れ、数週間~数か月間かけて、水がすっかりなくなるまで煮込んでいきます。火加減によっては焦げ付かせてしまうので、熟練の職人が付きっ切りでオイルの状態をチェックします。手間暇をかけ、ようやくアーユルヴェーダオイルは完成します。

細胞レベルで身体に影響を与えるアーユルヴェーダのハーバルオイルでトリートメントをすると、「老化を遅らせ、疲れを取り、ワータ(疲れや痛みに関係する生命エネルギーのひとつ)をなくすことができ、視力を回復、身体に栄養を与え、長生きでき、よい睡眠をとることができ、皮膚を強くする」と古典で言っています(アシュタンガ・フリダヤサンヒター)。このように様々な恩恵のあるオイルですが、体質や目的に合わせて、適切なオイルを選ぶということがとても大切です。

ここでは様々なオイルの紹介と、一般的な使用方法をご紹介します。オイルを選ぶ際の参考になさってくださいね。インドやスリランカでは、医療として、ハーバルオイルは目や耳の外用薬・創傷や潰瘍につける軟膏・浣腸・膣洗浄・点鼻薬・シローダーラー・内服用などに使用されることがありますが、信頼のおけるドクターの指示のもと、使用することをおすすめします。

※アーユルヴェーダオイルのご購入はこちら アロマティカショップ
情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る