アシュワガンダ タイラ

【ベースオイル】ごま油
【主な成分】ごま油、牛乳、ウィタニアソムフェラ根エキス
【使用方法】外用のみ、部分用・全身用マッサージオイルとしてご使用ください。
【効果】ワータ鎮静
アシュワガンダオイル
アシュワガンダはアーユルヴェーダの最も重要なハーブの1つで、古来より様々な症状の治療に使われてきました。

アシュワとは「馬」、ガンダとは「匂い」という意味で、アシュワガンダの根は「馬のような」強い匂いがします。
アシュワガンダを飲めば、馬のような精力と強さを得ることができると言われています。

アシュワガンダには、「アダプトゲン」と呼ばれるストレスへの適応力を高める成分が含まれているため、
ストレスを緩和し、深い睡眠をもたらします。
関節や筋肉の疲れを取る滋養強壮、精力増強にも良く、考能力を改善し、腫れや炎症、痛みを減らし、老化予防、関節炎、不安神経症、不眠症、喘息、気管支炎、生理不順、しゃっくり、慢性肝臓疾患、などに効果があると言われています。
また、男女問わず、不妊治療の場でもよく使われています。

使用例:
週に1回、少なくとも15分間セルフマッサージするとワータによる症状の回復にとても有効です。神経系を癒し栄養を与え、ストレスによる衰弱、仕事やトレーニングによるストレスから身を守りたい人にとても有益です。頭・腰・お腹・足を中心に、全身を温かめのオイルでマッサージし、シャワーで流すまで、最低30分待ちましょう。
部分的に関節や筋肉に塗りこむのも、良いトリートメントになります。肉体を使うダンサー・陸上選手、セラピストなど、肉体を使う人におすすめです。弱った部位やよく動かす部位にこのオイルを塗りこむことで、将来起こりうる怪我を予防することもできます。

※アーユルヴェーダオイルのご購入はこちら アロマティカショップ
情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


ページ上部へ戻る