頭痛

仕事や人間関係などのストレス、過労、不眠、PCの見すぎ、 雨天や季節の変わり目… 頭痛の原因は結構たくさんあります。大きな病気の前触れなどの頭痛ではなく、上記のような理由の慢性的な頭痛であれば、多くの場合、血液循環の改善で緩和できると言われています。

 

 

血液の循環を良くするなら【ビタミンE】

★おすすめ食材★ サバ イワシ アーモンド アボカド かぼちゃ ほうれん草

 

同じく血液循環を改善し、血栓ができるのも予防してくれるのが 【IPA(イコサペンタエン酸) 不飽和脂肪酸

★おすすめ食材★ カツオ サバ イワシ アジ

 

もう1つ、神経伝達物質セロトニンを増やすことも、頭痛改善につながると言われています。 セロトニンの原料になるのは【トリプトファン】

★おすすめ食材★ 牛乳 アーモンド チーズ バナナ 

 

これらの食材を、普段からちょこちょこ摂るようにすると良いでしょう。

 

 

疲れた頭の筋肉にダイレクトにアプローチするならば、ヘッドマッサージがおすすめです。

 

アーユルヴェーダの薬草オイル、【ナーラーヤナオイル】は頭痛の緩和に効果的です。

【ベースオイル】セサミオイル

【効果】ワータ・ピッタ鎮静

【含まれる主なハーブ】アシュワガンダ他26種、ミルク、岩塩

 

頭痛の他、身体に出る関節や肩、腰などの痛み全般にも効果があります。 (捻挫など、炎症が起きているピッタの痛みは少し異なります。)

地肌にたっぷりつけて、頭全体の筋肉をじっくりほぐします。 側頭部や後頭部、首筋など、凝っているなと思うところや、マッサージして気持ちがいいと思うところを重点的にしましょう。

 

 

緊張が解けて、ふっとゆるむことができます。湯船に浸かりながら行ってもOKです。

マッサージは、5~15分くらいで十分です。 そのまま10~30分ほどおいて、オイルを浸透させましょう。 浸透させたら、シャンプーで洗い流します。

オイルで少し、頭が重たく感じるかもしれませんが、頭の奥の方はすっきりした感覚を味わえます。

頭が痛くなると、なにもやる気が起きなくなりますよね。 我慢せず、痛みどめを飲むことも大事ですが、薬ばかりには頼りたくないもの。

そこで、普段から食事やマッサージで予防を心がけて、頭痛のどんより気分を追い払いましょう。

 

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

世界で一番わかりやすい「アーユルヴェーダ入門セミナー」はこちら>
書籍「アーユルヴェーダ108の生き方ヒント」のお求めはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る