アーユルヴェーダの食事法 ③心への作用

笑顔

アーユルヴェーダでは、食物は体だけでなく心の状態にも作用すると言われています。

3つのエネルギーを「トリドーシャ」(ワータ・ピッタ・カパ)というのに対し、
心の3つの性質のことを「トリグナ」(サットヴァ・ラジャス・タマス)と言います。

心の3つの性質(トリグナ)とは?

①サットヴァ:純粋性
健康で純粋な状態のこと。叡質性ともいわれ、
これを多く持つ人は精神力が高く、正しく卓越し、正直であるとされる。
3つのドーシャのバランスが取れている状態。

②ラジャス:動性
激質性ともいわれ、これを多く持つ人は、誇り高く希望的、
感情が一度に爆発しやすい傾向にあるとされる。
ワータとピッタを増やす。

③タマス:惰性
暗黒性ともいわれ、これを多く持つ人は怠惰で欲深く、
他人に対して深い配慮を持たない、とされる。
カパを増大させる。

このような性質から、アーユルヴェーダではサットヴァを増やす食物(サートヴィカ食)
を多く摂るよう勧めており、ラジャスやタマスを高める食物ばかり取るのは、注意が必要です。

では、具体的にはどのような食物のことをサートヴィカ食というのでしょう?
 

サットヴァに富む食事

おにぎり
古典では例として、米、牛乳、ギー、ゴマ油、アーモンド、ココナッツ、
新鮮なフルーツ、はちみつ、甘い食物とされており、
おいしくて、心地よく、安定していて、腹持ちが良く、油質で透明感のある物とされています。
ドーシャバランスを整え幸福感と生命力に満ちた心を作ります。

例えば、出来立ての食事(レトルトや保存食ではなく)、新鮮な材料を使った料理、良く熟した果物、
その土地でできた旬の食材、汚染されてない水と空気で育まれたもの、
調理する人が食べる人のことを想い丁寧に愛情をこめて作ること、
また食べる人は感謝の気持ちを持って食すること、

など、単に食材や調理法だけでなく、調理の段階から食べる時の心境まで関係してきます。
怒りながら食べる、はやる気持ちで焦って食べるなどの食べ方をすると、ラジャスを増やしてしまうのです。

いろいろと決まりごとが多くて大変そうに見えますが、シンプルに考えてください。

食事(調理や食べること)を、十分に感謝して楽しむことが大切なのです。
苦手なものを嫌々食べたりするよりは、好きなものを楽しく感謝して
頂いた方がサートヴィカな食事といえるでしょう。
無理やり禁止したりしてストレスをためてしまっては、かえって心の状態を乱してしまうでしょう。

 

食べたいもの=心の状態をあらわす?

ポテトチップス

ですが、どうしても激辛な食べ物ばかり欲してしまう(ラジャスを増やす)とか、
あるいはレトルト食品やスナック菓子ばかり食べてしまう(タマスを増やす)、
というふうに極端に偏った食事をしているな、と思ったら
一度ご自分の心のバランスを観察してみてください。

人はラジャス寄り(ピッタが増大している)の時に、ラジャスを増やす食事を好み、
タマス寄り(カパが増大している)の時に、タマスを増やす食事に偏りがちです。

このように私たちは、心が持つ性質と同じものを食べたくなる傾向があるのです。
心がラジャスよりになると、激辛食品が食べたくなる、とか
タマスよりになるとポテトチップスのような加工食品が食べたくなります。
心がサットヴァの状態であれば、身体によいものを心から欲するようになるでしょう。

今日は、食事が及ぼす心への作用をサートヴィカ食をメインに解説しました。
次回、ラジャスな食事、タマスな食事とはどのようなものか具体的にみてみましょう。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る