ナーラーヤナ タイラ

【ベースオイル】ごま油
【主な成分】ハーブ26種類(アシュヴァガンダ(塊茎)・シャタヴァリ(生の塊根)他)・牛乳・岩塩
【使用方法】外用のみ、ヘッド・フェイシャル・全身用マッサージオイルとしてご使用ください。
【期待できる効果】ワータ・ピッタ鎮静
ナーラーヤナオイル
ナーラーヤナとはヴィシュヌ神の別名で、このオイルは神の名を持つ「オイルの王様」ともいわれています。
スリランカでは、昔から一般家庭に常備されよく使われているオイルです。

ごま油の中にダシャムーラと呼ばれるパワフルな根っこのハーブなど、合わせて26種類ものハーブが入っており、アシュワガンダ、シャタバリ、バラーなどパワフルなハーブが特徴的です。

アシュワガンダは「馬の活力・精力」といわれ、朝鮮人参のような強壮作用や若返り作用があるとされています。シャタバリは「百人の夫をもつ(女性)」という意味があり、アーユルヴェーダの世界では伝統的に不妊や更年期障害など女性ホルモン系の治療目的としても使用されてきました。バラーもやはり強壮作用の強いハーブとして位置付けられています。
そのため、ナーラーヤナタイラは非常に栄養価が高く、身体の痛みを和らげ、滋養強壮効果があるとされます。そのほかにも、弱った神経やストレス症状の緩和、冷え性や酷い肩こりの方に使用されることが多いようです。さらに肌への滋養作用として、乾燥した肌に弾力を与え、すべらかな状態にし外見を若返らせるとも言われています。

※アーユルヴェーダオイルのご購入はこちら アロマティカショップ
情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


ページ上部へ戻る