ピッタを整えるヨーガ

お臍周り、脇腹を刺激するアーサナです。

胃の熱代謝効率を促進して消化力を高めます。とくに肝臓、膵臓、小腸の調子を整えるようなねじりのポーズや脇腹を延ばすポーズが効果的です。

 

エネルギーの特質

PITTA

熱を作るエネルギー (鋭、熱、軽、液、流動)

PITTAの座位:小腸

立 位

SIDDHASANA(賢人のポーズ)
TRIKONASANA(三角のポーズ)
PARSVAKONASANA(片膝を曲げ、体側を伸ばすポーズ)
PARSVOTTANA(脇を強く伸ばすポーズ)

うつ伏せ

BHUJANGASANA(コブラのポーズ)
DHANURASANA(弓のポーズ)

座  位

SETU BANDHASANA(橋のポーズ)
MATSYASANA(魚のポーズ)
USTRANASANA(ラクダのポーズ)
 
GOMUKHASANA(牛の顔のポーズ)
ARDA MATSYENDRASANA(ねじりのポーズ)
JANU SIRSHASANASA (頭を膝につけるポーズ)
PARIVRITTI JANU SIRSHASANA(上体をねじって膝に頭をつけるポーズ)
PARIPURNA NAVASANA (ボートのポーズ)

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

世界で一番わかりやすい「アーユルヴェーダ入門セミナー」はこちら>
書籍「アーユルヴェーダ108の生き方ヒント」のお求めはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る