カパを整えるヨーガ

胃、副鼻腔を刺激したり、胸腔を開いたりするアーサナです。

柔軟性を養い、脂肪を燃焼させるような力強い、スピードやパワーを使ったアーサナが、過剰なカパのエネルギーを軽減するのに適しています。

 

エネルギーの特質

KAPHA

構造・維持のエネルギー (冷、重、遅、安定、粘)

KAPHAの座位:胸、胃

立 位

VIRABHADRASANA(英雄戦士のポーズ)
VRKSHASANA(立ち木のポーズ)
GARUDASANA(鷲のポーズ)
TRIKONASANA(三角のポーズ)

うつ伏せ

BHUJANGASANA(コブラのポーズ)
SHALABHASANA(イナゴのポーズ)
DHANURASANA(弓のポーズ)

座  位

SETU BANDHASANA(橋のポーズ)
MATSYASANA(魚のポーズ)
USTRANASANA(ラクダのポーズ)
GOMUKHASANA(牛の顔のポーズ)
ARDA MATSYENDRASANA(ねじりのポーズ)

逆 転

HALASANA(鋤のポーズ)
SARVANGASANA(肩立ちのポーズ)
SIRSHASANA(頭立ちのポーズ)

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

世界で一番わかりやすい「アーユルヴェーダ入門セミナー」はこちら>
書籍「アーユルヴェーダ108の生き方ヒント」のお求めはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る