アーユルヴェーダの食事法 ⑥「いただきます」は感謝と祈り

アーユルヴェーダでは、食事には6つの味6つの性質があり
それらをバランスよく摂ることが大切、と教えています。
極端に何かが多すぎたり、逆に全く摂らないと、満足感が得られず食べ過ぎの原因となります。
そうすると余計なものを食べたり間食が増えたりして、
消化力に見合わない食べ方をしてしまい、結果アーマを作ってしまいます。

また食べ物は心と相互作用の関係にあるので、
食べ物の性質を意識しながら食事をすることで、心のバランスも整えましょう、というお話もしてきました。

今日は「食事」にたいする心掛け、姿勢についてお話したいと思います。

 

整った場所で座って食べる

朝食
当たり前のことのようですが、ご自身の食事を振り返ってみてください。
スマホをいじりながら、テレビを見ながら、
会社のデスクでPCの画面に見入ったままで、食事していませんか?

あるいはどこかへ移動しながら(歩きながら)食事をとるなんていう
忙しい方もいらっしゃるかもしれません。
サラリーマン
ながら食べをすると、交感神経が優位のままですので消化がうまく行われず、
結果体内にアーマ(毒素・未消化物)を増やしてしまいます。

必ず、食事は座って落ち着いてから頂きましょう。
快適な環境で快適な設備が整った場所で食事をとっているか
いま一度 チェックしてみてください。

 

「いただきます」ができていますか?

頂きます
食事をする前に、目を閉じて感謝の言葉を唱えるようにしましょう。
特別に祈りの言葉を唱える習慣がある人もいるかと思いますが、
ただ、「いただきます」でもいいのです。

素材を作った人、調理をしてくれた人に感謝するのです。
是非すぐにでも実践してみてください。
このことを食前におこなうだけで、おそらく食事に対する向き合い方、
姿勢がかわり、これまでと違った食事体験になるでしょう。

実は、このような心の持ち方が、ご自身の消化の環境を整え
アーマを作らない食べ方につながるのです。

 

噛みしめてじっくり味わう喜びを!

食事のスピードも大切です。
速すぎず遅すぎず、と教えていますが、
だいたい一口で30回程度はかんでじっくり味わってください。

5~6回で呑み込むような食べ方は、血糖値を上げやすく、
肥満の原因となります。

そしてお腹の3/4ほどが満たされたな、と感じたら食事を
終えるように意識してみましょう。
※参考:アーマを作らない食べ方

食後すぐに動かず、慌ただしくせず、少なくとも3~5分程度ゆっくりして
消化を見届けてください。

どんな素材をどんなふうに調理すれば健康的な食事といえるのか。
私たちは、そんな物理的な条件ばかりにとらわれがちです。
ですが、せっかく考えて健康的な食事を用意しても、食べ方が雑だと
あまり意味がなく、そのような智慧も台無しです。

食事にきちんと向き合う。そのために食前に「いただきます」と心を込めて言う。
その数秒の祈りと感謝の時間を習慣にしてみてください。

食事とのかかわり方が変われば、皆さんの心と体に大きな変化がみられるでしょう。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る