アーユルヴェーダの食事法⑨適量の食事

ご飯は腹八分目!といいますが、あなたの腹八分目はどれくらいですか?

 

食事の適量を決定するのは、その人の消化力です。 食べ過ぎは、消化しきれずに体内で【アーマ(毒素)】となってしまいますし、食べな過ぎは、身体に十分な栄養を補給できません。

 

  消化能力は、体質によって、異なります。

 

【ワータタイプ】 小食で、食べる量が不規則になりがち。 一度に大量に食べて消化することができず、少量をこまめに摂りたがります。

 

【カパタイプ】 食べるのが大好き。 ただし、実は消化力は低く、量としてはあまり食べていなかったりします。

 

【ピッタタイプ】 消化力はピッタの力なので、一番消化力が高い たくさん食べるのに、あまり太りません。

 

ワータ・ピッタ・カパ、それぞれの体質の特徴についての詳細は、こちらをご覧ください。 ⇒トリドーシャと体質

 

 もちろん、食べる量は体の大きさなどにも関係しますが、たとえ同じ体格の人同士でも、消化力によって食べられる量が違うこともあります。

 

食べ終わって、お腹いっぱいで動けず、胃に余裕がないのはその人にとって食べ過ぎです。 また、次の食事前に、ちゃんとお腹がすいていれば、取った食事は適量だったと言えるでしょう。

 

食後に不快感がない量を探し、その量を摂るように心がけましょう。 自分の体質や体調、その日の具合に合わせて、変わることもあります。 なので、今日のお腹の具合はどんな感じかな?と、気にしながら食べることも重要です。

 

食事の少し前に、ショウガをとると、消化力を司るピッタエネルギーを刺激して、食欲がわき、消化力が高まります。 食欲が少ないと感じる時には、食事の際に、少ししょっぱいものをいっしょに取ってみましょう。 塩味もピッタエネルギーを刺激してくれるので、ご飯がすすみます。

 

さて、自分の食生活を振り返ってみましょう。 適量の食事ができていますか?

普段の食事の量がもし、ちょっと多いな、少ないな、と感じたなら、少しずつ量を調整していきましょう。適量の食事は、体力を回復させ、元気に活動的にしてくれます。 せっかくですから、美味しく食べたご飯で、ちゃんと元気になりたいですね。

情報:英国アーユルヴェーダカレッジ

世界で一番わかりやすい「アーユルヴェーダ入門セミナー」はこちら>
書籍「アーユルヴェーダ108の生き方ヒント」のお求めはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ページ上部へ戻る